ニュース一覧

副作用の少ないがん対策

栄養補助食品

科学的根拠もある

アガリクスは抗がん作用があることが知られていて、抗がん剤や放射線治療のような西洋医学によるがん治療は副作用が大きくなってしまいます。一方、アガリクスはもともと自生していたキノコをそのまま生で食べていたように食品の扱いになるため副作用の心配がほとんどない特徴があります。がんに効果があるとされる健康食品の多くは科学的根拠が薄かったり、医学界での論文発表もほとんどされていないものがほとんどなのに対してアガリクスは世界中の多くの医学者によって研究されていて、多数の学会発表もされている科学的にもがん細胞に効果があるとされています。がん細胞の増殖を止めて、がん細胞を縮小させて消滅させるには人間にもともと備わっている免疫力を高めて、免疫細胞にがん細胞を攻撃させることで机上の計算上は可能です。しかし、がん細胞の増殖スピードは速く、通常の免疫力ではがんが進行することを食い止めることができません。しかし、アガリクスに含まれる多糖類をマウスに与えるとがん細胞がなくなることが実験的に示されたり、人間でも免疫が活性化することが数値として示されていることから人間にも抗がん作用があることは間違いないとされています。1990年頃にはアガリクスを人工栽培できるようになり、価格が低下したことから多くの健康食品メーカーがアガリクス関連の健康食品を多種類販売するようになりました。もともと食品であることから副作用はほとんどありませんが、製品になると他原材料が使われていることもあるため一日当たりの使用量を守って正しく飲むようにしてください。